Q&A

吃音のことや吃音相談についてQ&A形式でまとめています。


Q1. 吃音ってなんですか?

A. 吃音(きつおん)は滑らかに話すことができない発話の障害です。「ここここんにちは」と一言目を繰り返してしまったり、「・・・・こんにちは」と一言が出てこなかったりと、症状は様々です.

 

Q2. 吃音の原因は?

A. 残念ながら明確な原因は明らかとなっていません。しかし、話すことをコントロールしている脳の部位の構造や働きが吃音

 のある人とない人とでは異なることがわかってきています。「親の育て方」「ストレス」「緊張」などが原因だと誤解され

 ている部分が少なからずありますが、生まれつきの体質による影響が大きく「吃音=脳の問題」という認識が正しいと言え

 ます。 詳しくはこちら。

 

Q3. 吃音は治るの?

A. 多くは3歳ごろに発症し、その多くは小学校入学前頃までに自然治癒します。治癒せずに小学校入学以降も症状が残ってし

 まった場合は、残念ながら完治することは難しいです。

 

Q4. 言語聴覚士は吃音のある人に何をするの?

A. 発症後間もない場合は、親御さんを介したアプローチを通して「完治」を目指した支援を行います。リッカムプログラムや

 環境調整などいくつかの方法があります。就学以降は吃音の症状を軽減できるよう、話し方の訓練を行います。また、近年

 は話し方そのものだけではなく、吃音に対する考え方を変えたり話すことへの不安を軽減することを目的とした認知行動療

 法が行われるようになってきています。

 

Q5. 吃音相談では何をしてくれるの?

A. 吃音相談では、まずは検査を通してご自身の吃音を客観的に知っていただくことから始めます。また、吃音に関する科学的

 に正しい知識を知っていただき、ご自身の吃音と正しく向き合うためのお手伝いをします。インターネット上には様々な情

 報が溢れており、中には吃音のある人の不安を助長するようなものも少なくありません。そのような情報にとらわれず正し

 い認識を持つことも大切です。また、幼児さんの場合にはご家庭でのお子さんとのかかわり方のアドバイスを、学齢期以降

 の方には日々の生活の中で取り組める話し方のコツや練習法などをお伝えします。その他お一人お一人のご要望に応じて可

 能な範囲で対応させていただきたいと思います。訓練や環境へのサポートなどにより、「症状の軽減」や「生活の質の向

 上」が見込まれます。

 

Q6. 継続的な訓練はしてくれないの?

A. 全ての方が直接的な話し方の訓練で大きく改善するわけではありません。検査の上、言語訓練による効果が大きく見込まれ

 る場合には計8回を1クールとし、継続的な訓練の実施をお引き受けいたします。まずはお問い合わせください。