研究業績一覧


学術論文

4. Yada,Y., Tomisato,S., Hashimoto, R., (2018). Online cathodal transcranial direct current stimulation to the right homologue of Broca’s area improves speech fluency in people who stutter., Psychiatry and Clinical Neurosciences (In press). doi: 10.1111/pcn.12796. (In press)

 

3. Iimura, D., Yada, Y., Imaizumi, K., Takeuchi, T., Miyawaki, M., & Van Borsel, J. (2018). Public awareness and knowledge of stuttering in Japan, Journal of Communication Disorders72, 136-145.  doi:10.1016/j.jcomdis.2018.02.002

 

2. 飯村大智,矢田康人,今泉一哉.(2017).吃音に関する知識の実態調査:大学生を対象とした予備的検討.コミュニケーション障害学,34(1), 11-15

 

1. Yada, Y., (2017). Induction of speech fluency by using transcranial direct current electrical stimulation and delayed auditory feedback. 首都大学東京人文科学研究科 (学位論文)

学会発表

13. 矢田康人, 富里周太. (2018). 吃音を発症したバイリンガル児症例:日本語と英語における訓練効果と症状の差異に関する検討.63回日本音声言語医学会総会・学術講演会, 10, 福岡(口頭)

 

12. 富里周太, 矢田康人, 白石紗衣. (2018). 認知行動療法を応用したカウンセリングを施行した吃音症例の検討.63回日本音声言語医学会総会・学術講演会, 10, 福岡(口頭)

 

11. 白石紗衣, 矢田康人, 富里周太. (2018). 場面緘黙の併存が疑われた吃音症例1.63回日本音声言語医学会総会・学術講演会, 10, 福岡(口頭)

 

10. Yada, Y. Hashimoto, R., Tomisato, S., & Iimura, D. (2018). Induction of speech fluency by using transcranial direct current electrical stimulation and delayed auditory feedback. The 2018 Inaugural Joint World Congress of Stuttering  and Cluttering, Hiroshima (Japan). (poster-presentation)

 

9. Tomisato, S., Yada, Y., Wasano, K. (2018). Relationship between severity of stuttering and coping profile. The 2018 Inaugural Joint World Congress of Stuttering and Cluttering, Hiroshima (Japan).(poster-presentation)

 

8. Hashimoto, R., Yada, Y. (2018) Improvement of speech fluency by transcranial direct current stimulation in adults   who stutter. 24th Annual Meeting of The Organization for Human Brain Mapping, Singapore. (poster-presentation)

 

7. 矢田康人, 富里周太, 髙橋三郎. (2018). 吃音児における聴覚情報処理障害の併存に関する予備的検討:きこえの困難さ

 検出用チェックリストを用いて.44回日本コミュニケーション障害学会学術講演会,神奈川(ポスター)

 

6. 富里周太, 矢田康人. (2017). 吃音を主訴に来院した発達障害合併例および合併疑い例. 62回日本音声言語医学会総会・学

 術講演会, 10, 宮城(口頭)

 

5. 矢田康人, 橋本龍一郎, 富里周太. (2017). 吃音者を対象とした経頭蓋直流電気刺激法による発話流暢性の導出.62回日本

 音声言語医学会総会・学術講演会, 10, 宮城(口頭)

 

4. 富里周太, 矢田康人. (2017). 一般市中病院における吃音診療の課題. 日本吃音・流暢性障害学会第5回大会, 岐阜(ポスター)

 

3. 矢田康人, 富里周太. (2017). 吃音を発症したバイリンガル児症例:日本語と仏語2言語における吃音症状の経過. 日本

 吃音・流暢性障害学会第5回大会, 岐阜(ポスター)

 

2. 矢田康人,飯村大智.(2016).街頭調査による吃音の社会的認知度調査.日本吃音・流暢性障害学会第4回大会,埼玉

 (口頭)

 

1. 飯村大智,矢田康人,今泉一哉.(2016).吃音の知識・認知度調査:大学生を対象とした予備的検討,第42回日本

 コミュニケーション障害学会学術講演会,千葉(ポスター)

その他

2018年12月:立川市立立川第七小学校ことばの教室 教員研修 講師

 

2018年10月:福生市立福生第七小学校ことばの教室 保護者会 講師

 

2018年9月:うぃーすた関東例会 話題提供「認知行動療法ワークショップ」

 

2018年6月:Abema Prime 出演

 

2017年10月:日本鋼管病院市民公開講座 『吃音について&座談会』 座談会 話題提供

 

2017年10月:うぃーすた関東例会 話題提供「吃音って何だろう」

 

2016年9月:うぃーすた関東例会 話題提供「吃音の基礎知識と流暢な発話の導出」